• HOME
  • ブログ
  • 活動報告
  • オレゴン州のワインの歴史はジンファンデルなくして語れない~ワインを探す旅3日目~

オレゴン州のワインの歴史はジンファンデルなくして語れない~ワインを探す旅3日目~

ウィラメットヴァレーからワシントン州ワラワラヴァレーへ向かう途中、オレゴン州で一番古いワイナリーへ立ち寄り、西海岸で最も樹齢の古いジンファンデルを飲む機会がありました。今回のお話はオレゴン州のピノ・ノワールではなくジンファンデルになります。

『The Pines 1852』というワイナリー名を今まで聞いたことがありませんでしたが、Billに「ワラワラヴァレーに向かう途中にあるこのワイナリーで、ジンファンデルを勉強してほしい。ここのお勧めはピノ・ノワールではなく樹齢100年を越えるジンファンデルなんだ。」と紹介されました。

ニューヨーク州でも一番歴史の古いワイナリーへ行きましたので、オレゴンの・・と言われると、当然行きたくなります(笑)。

ワインの歴史に修道院や戦争、民族の移動は欠かせないのですが、アメリカのワインの歴史はその地に移住した移民やキリスト教の布教と深いつながりがあります。イタリアの有名な赤ワイン“プリミティーヴォ”=“ジンファンデル”。この『The Pines 1852』のジンファンデルは、この地に移住したイタリア人が栽培を始めたとのことでした。カリフォルニアのドライクリークヴァレーもイタリアからの入植者が多く、ジンファンデルが有名です。

Billファミリーと別れた後、まずはガソリンを満タンに。オレゴン州ウィラメットヴァレーからワシントン州内陸部にあるワラワラヴァレーへの移動は、ノンストップでも5時間はかかります。途中ガソリンスタンドや車を停める休憩所もない地域があるので、それらを想定して出かけるのが良いでしょう。ポートランドの北側にあるRoute84を内陸方面へ向かって走ります。この国道は人気のリゾート地であるコロンビア川に沿って東へ向かうので、スイスの湖畔のような美しい景観を楽しみながらドライブが出来ました。『The Pines 1852』があるHood Riverという町まで、ポートランドからおよそ1時間。

このHook Riverは2006年にAVAに認定されたColumbia Gorgeにあります。地図右下にThe Pinesの畑が載っています。この地域はワシントン州に隣接し、コロンビア川を渡ればそこはColumbia Valley。乾燥地帯で川の両岸は風が強く、良いブドウが育つ環境が整っています。

高速を降り、岸から少し離れたメインストリートそばのティスティングルームへ。

The Pines 1852

ジンファンデルがメインだと知っていましたが、せっかくの機会なのでシャルドネやピノ・ノワールが含まれたテイスティングセットをオーダー。5種類ほどいただきましたが、やはりジンファンデルに突出した特徴があるので他は割愛します。

このオールドジンファンデルは1800年代後半に植えられたと言われています。しばらく所有者がおらず野ざらしにされていた時期が長かったため、おそらく樹齢120年~130年と説明されました。現在の経営者Lonnie Wrightがこのジンファンデルの手入れを再開。今では北米一の歴史を誇るジンファンデルになりました。そのお味はというと、フレッシュなジンファンデルとは全く違い重厚感がありタンニンもしっかり舌に残る、凝縮感のあるどっしりした濃厚な赤。名前だけがジンファンデルで、歴史を味わいに来た、と表現するほうがしっくり来るかもしれません。

樹齢により生産量は決して多くありませんし、このワイナリー自体の規模も小さいですが、オレゴン州のワインの歴史はこのジンファンデルなくして語ることは出来ない、としっかり自覚することが出来ました。


The Pines 1852

こちらの2017 Old Vine Zinfandelはこの夏日本に持ち帰り、7月6日七夕会(詳しくは以前の記事、2019夏ワインイベント告知をご覧ください)でお出ししようと思います。1グラス90ml 700円でのご提供になります。皆様、この機会に是非お試しくださいね。

ティスティングルームを出て、軽く酔いを醒ましに川岸を散策。ワインは一口だけ軽く飲み残りは捨てるのですが、それでもその後すぐに運転するのは多少のリスクを感じます。

川岸はレジャー客で賑わっていて、水に入っている人たちはとても気持ちよさそう。

この先の長旅を考慮し、しばしぼーっと休憩します。

再度高速に乗り東へ向かうと、西部劇に出てくるような荒野と遠くに乾いた丘が広がります。Route84から82に乗り換え、荒れた土地にところどころ点在する緑のブドウ畑を横目で見つつ、北上すること約2時間。Hook Riverを出てから約4時間のノンストップドライブ。

ワラワラヴァレーに到着!!


ワラワラヴァレー

見渡す限りの荒野です(笑)

翌日約束のあるワイナリーの近く、Richlandという街に宿を取りました。

地元のスパークリングワインが長距離ドライブで疲れた体に染み渡ります(笑)。ホテル近くのパブで簡単に夕食を済ませて早めに就寝しました。

余談になりますが、後日この『The Pines 1852』がゲストハウスを所有し、一般に貸出をしていることを知りました。宿泊者はヴィンヤードツアーに参加できるようです。数人で行けたらとっても楽しいかもしれません。

https://www.airbnb.com/rooms/19317664?location=The%20Dalles%2C%20OR%2C%20United%20States&source_impression_id=p3_1560477899_WY5rmVq22VqdSFeV

ワイン探しの旅4日目に続く

関連記事一覧